2020年12月19日土曜日

個人情報談義13 漫画:真珠湾攻撃の時に、こんなバカがいたらどうなる?

昭和16年12月某日 択捉島 単冠湾
言わずもがな、真珠湾攻撃のために連合艦隊は極秘裏に択捉島、単冠湾に集結したのである。
 その時に・・・・






スマホでこんなことをしてしまったら、アメリカだけでなく、世界中に瞬時に情報が広がってしまっていたであろう。
 すると、真珠湾攻撃はどのような顛末になったことであろう。
 たぶん、途中でアメリカ海軍の待ち伏せに会い、真珠湾に到着する前に全滅していたであろう。

 孫子の最後に曰く。

 此れ兵の要、三軍の恃みて動く所なり」

 孫子の最後の章は「用間」である。上の文章はこの「用間」の最後の文章である。「用間」とはスパイである。言い方を替えると「情報」である。
 つまり、上記の孫子の解釈は
「此れ、すなわち、情報は軍の要である。軍はすべて情報を元に動くのである」ということ。

 真珠湾攻撃は昭和16年だけではない。我々、誰にでも、いつだって ある.
 その時、我々の情報が取られていたらどうなる? 悪いことしか起こらない。
 下手をすると、個人の情報が取られてら、その個人が滅び、会社の情報が取られたら、その会社が滅び、国の情報が取られたら、その国が滅びる。
 そして、この現代。
 情報は我々が片時も肌身離さず握りしめているスマホから漏れているのである。

 我々はそのような世界に今、住んでいる。
 我々のすべきこと、できること。
 まずはそのことに正面から向き合って、かつ、そのことを認識すべきではないだろうか。


個人情報談義 目次

個人情報漏洩 談義1 中国製スマホに隠された不正ソフトウェア

個人情報談義2 パスワードの使い回しは非常に危険

個人情報談義3 アプリは何をするか分からない まるでウイルス

個人情報談義4 ラインはあなたのスマホに貯蔵してある画像すべてにアクセスできる


個人情報談義6 アプリをインストールするときに、クルクル回ることはないですか

 (この記事をGo様は特段お気に召さないようです)




 

0 件のコメント:

コメントを投稿

石ぬ屏風節 CとDで唄ってみた あと88日

    伏見啓明整形外科公式ブログ 目次       令和3年4月5日(月) コンクールまであと 88 日  今日、仕事の終わった後に45分ほど練習した。  鷲ぬ鳥節 C(四の調子)  越城節 C  調子が悪いので途中でやめた。  あがろーざ C 練習中 歌詞がうまく合わない。も...