2020年11月30日月曜日

個人情報談義10  Tiktok 入れている人 いたあ

 Tiktok 入れている人 いたあ


 引き続き、いろいろな人に画像を盗まれる怖さを説いている。

 皆、ある程度関心を持ってくれるのは嬉しいことだ。


 ラインはメジャーなアプリ。皆使っている。

 故に皆関心は高い。

 故に、セキュリティーに関する私の話にも耳を傾けてくれる人が多い。


 特に、「設定」に関して、皆スマホを使い慣れてはいるが、ほとんど知らないようだ。


 設定をどうやって変えるのだ、と言う話になる。


 「設定」から「プライバシー」を開く。そして「写真」という項目を開くと、「写真」へのアクセスを要求するアプリが一覧表示される。


 ある人のを見ると本当にたくさんのアプリが入っていた。30個くらい入っていたろうか。しかも、皆にアクセス権を譲渡していた。


 

「子供に言われるがままにアプリを入れた」という。


 その中にあの悪名高きTiktokがあった。アメリカでは使用が禁止されたアプリである。

 これは短編動画投稿のためのアプリなので、もちろん、画像にはアクセス権を要求していた。

 そもそも、ラインもそうであるが、必要なものを我々が自分で選んで、ラインでもTiktokでも投稿するのが筋のはずだ。

 しかし、実際は違う。「我々の利便性を図る」というのが目的で、我々のスマホの画像全部にアクセス出来るようになっている、というか、させられてしまっている。


 ラインはきっと一応アメリカでも使えるのであろう。Tiktokは禁止。何が違うのであろうか。私にははっきりとは分からない。


 ラインが我々に情報伝達の便利なツールを使わせてくれる代わりに、スタンプを交換する際の手数料を収益としたり、あと、アプリを売ったりして収益をあげているのであろうか。

 Tiktokも、我々の投稿動画を載せてあげる代わりに、広告を出してそれを収入としているのであろうか。

 どちらも薄商いだろう。


 彼らは我々の画像に自在にアクセスできる。

 そして、その情報を売っているとしたら、これは莫大な収益となるであろう。我々の写真にアクセスできる人は、政府の中枢に刺さり、政治に直接タッチできるだろう。実際にそうなっている。


 それはともかく、Tiktokを含め、全てのアプリには注意すべきだろう。


 「Tiktokをスマホから消すことができるのか」と聞く。

 それはなかなか難しい。スマホを買い換えるか、フォーマットするしかないだろう。


 まあ、まずは、画像アクセス権を認めないように設定しなおすべきだろう。それならすぐできるのだから。


 あと、アプリというものは、ある意味で、コンピューターウイルスと同じような働きもできるものだ。これも心しよう。

 妄りに自分のスマホに面白そうだから、ということで、ポンポンとダウンロードするのは、もはや、自殺行為であろう。

 災いしか起こらないであろう。

 


果たして私は考えすぎであろうか。間違っているのであろうか?


私は別にスマホを使うな、といって言うわけではないのだか・

ただ、設定に注意して、みだりにアクセス権を与えることを慎もう、という話をしているだけである。

あと、スマホでプライベートなもの、仕事上の書類など、そのようなものは写真に取るのは慎もう、ということである。

また、札付きのアプリには注意しよう、ということ。


個人情報談義 目次

0 件のコメント:

コメントを投稿

ガースが外国からの入国者全面禁止に踏み切れない理由

何か、ガース得意の右に左に言葉遊び という感じですね。   帰国・入国時の自己隔離 違反者の氏名公表可能に 外国人は強制退去も 1/14(木)  https://news.yahoo.co.jp/articles/1b8ac94749ad5d3626dbc5bf7149fb805...