2020年11月1日日曜日

大阪都構想 住民投票前日に記す

伏見啓明整形外科公式ブログ目次 骨粗鬆症 当院ではこう診る    現代英文訓読法  英語ことわざ 目次     伏見啓明整形外科公式HP  旧HP  

層雲峡 黒岳展望台から 

 大阪都構想 北海道の私にはピンと来ないのですが、あまり盛り上げっていないよう。

 橋下さんの時には、異様な熱気がありましたがね。


 盛り上がらないものは、認められない、というのが通例ですが、

この度は、通りそう、という予想もあり、予断を許さない模様のようですね。


 さて、大阪都構想。

 簡単に言うと、大きな巨大な市町村合併のようなものではないでしょうか。

 すると合併のメリットがなければならない。


 裕福な自治体が、裕福でない自治体とくっつきたいと思わないものです。

 裕福な人が、貧乏な親戚と家計をいっしょにして、援助するようなものです。

 平成の大合併でもこのことが一番の問題となりました。


 この点からこの大阪都構想をみると

 大阪市は、裕福で黒字だといいます。

 しかし、他の自治体は赤字だそうですね。

 当たり前に言えば、裕福な大阪市が、裕福でない他の自治体とくっつくことは望まないはず。

 それを、大阪市民に問うとなると、当たり前に考えると結果は最初から明らかでは。


 あと、都構想成立となると、大阪市は無くなるのですから、

政令指定都市 大阪 も消滅する。

 政令指定都市は、国からお金が受け取れるわけです。


 これがなくなる。

 維新の会は、大阪都構想による「効率」を強調しています。

 政令指定都市のお金の代わりの何かがあるのかもしれませんが、それを欲しがるようでは、「効率」に反するのではないでしょうか。

 

 というか、そのお金は無くなるので、そのせいかどうかは分かりませんが、

菅総理官邸でも、都構想は大賛成のようです。


 私は北海道にいて、門外漢かもしれませんが、このように感じています。


 また、関係ない、とも言っていられないようです。

 大都市大阪の変動は、日本全国に影響します。

 それが悪い変動だとすると、もちろん悪い波をかぶる。

 

 明日の投票は、アメリカ大統領選挙と同様、注目しています。


個人情報談義 目次

0 件のコメント:

コメントを投稿

越城節 C 令和3年2月19日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 伏見啓明整形外科公式ブログ 目次   :これが小生のブログの大元の目次です  これ以前のブログ: 伏見啓明公式ブログ 2020年7月以前のもの  もっと以前のブログ  獺祭録  さらに前の前のブログ  考えるダイエ...