2020年12月22日火曜日

コロナ変異種、英以外に5カ国 重症化の証拠なし なんだ WHOが言っているのか

コロナ変異種、英以外に5カ国 重症化の証拠なし WHO

12/22(火) 6:20配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/29a3c9cc28620de199cb0a67107ccb7170892493


【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス対策技術責任者マリア・ファンケルクホーフェ氏は21日の記者会見で、新型コロナの変異種が英国以外に5カ国で確認されていることを明らかにした。


従来種よりも感染力が強く、世界各国・地域は英国からの渡航を禁止し、警戒を強めている。


 変異種は「VUI―202012/01」。ファンケルクホーフェ氏は、最初に確認された英国に続き、オーストラリア、アイスランド、イタリア、オランダで各1例、デンマークで約10例見つかったと述べた。


 一方、南アフリカでも似たものが発見されたが「英国とは別の変異種」と説明している。


 ファンケルクホーフェ氏によると、変異種が感染者を従来種より重症化させたり致死率を上げたりする証拠は、現時点で見つかっていない。感染者1人が平均してうつす人数を表す「実効再生産数」を0.4ポイント押し上げることは分かっているという。


 英国からの報告では、ワクチンの有効性に影響を及ぼすかどうかは確認されていない。ただ、ファンケルクホーフェ氏は、いまだ不明な点が多いとして、英国などと協力して調査を継続する方針を示した。さらに、飛沫(ひまつ)の吸い込みなど感染経路も従来種と同じと指摘。手洗いや対人距離の確保など「これまでの対策を取ることが重要」と強調した。 



新種が、出始めたようだ。
それにしてもWHOの報道ほどあてにならないものはない。
強力なウイルスで、もちろん重症化するケースが多いと言われている。
重症化することが多いから、各国で脅威を感じ、イギリスからの人の入国を各国が止め出したのだ。
 というときに、またもやWHO 重症化の報告半ないと言い切る。
 これも親分の中国からの指示か。
 巷では、まことしやかに、中国が、新しいものを、撒いているのではないか、とも言われているが、こちらの方が、WHOの発表より、もっと真実味があるように思う。

結論:中国が撒いている。それを騒がせないように、WHOに重症化のケースはないと言わせているのだろう。本当に注意が必要だ。

  • テドロス事務局長の時系列語録


1/19 人から人への感染リスクは少ない
1/22 緊急事態には当たらない
1/28 中国が迅速で効果的な措置を取ったことに敬意を表する
1/29 中国から外国人を避難させることは勧めない

2/5 740億円の資金をWHOに投資しろ
2/8 致死率は2%ほどだから、必要以上に怖がることはない
2/13 中国のたぐいまれな努力を賞賛する
2/18 新型ウイルスは致命的ではない
2/24 パンデミックには至っていない
2/27 中国の積極果敢な初期対応が感染拡大を防いだ
3/12 「パンデミック(世界的流行)とみなせる」と表明
4/6 どんな状況においても(マスク着用は)勧めない

0 件のコメント:

コメントを投稿

越城節 C 令和3年2月19日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 伏見啓明整形外科公式ブログ 目次   :これが小生のブログの大元の目次です  これ以前のブログ: 伏見啓明公式ブログ 2020年7月以前のもの  もっと以前のブログ  獺祭録  さらに前の前のブログ  考えるダイエ...